6-11節:怠けている

私たちの人生からだんだん閉め出していくこともできよう。それでも、私たちは問いから逃れられはしない。何のために私は生きているのか。何か私の人生の支えであり、意味なのか。この問いでは、すべてが問われている。
 
大変重要ですから今すぐ読んでください。毎週5日、毎日同じ時間と場所を決めて、この本を開いてください。最低15分間は費やしてください。聖書を用意してください。ベンも必要です。このマークヘのところでは、記入
 
スペインとアジアの閲にはいくつかの島があるだけで、今で言う大西洋と太平洋は一つの狭い海になっている。コロンブスにとっての問題は、地球が丸いか平らかということではなく、航海に出たとされる。
 
返ってくることを期待してはなりません。6-11節:怠けている者に対して警告しています、そこで蟻から知恵を学ぶように勧めています、蟻は夏のうちに仕事をして。食物を確保しています。
 
そうして「悪魔」は、人の中の悪い衝動や「死の使い」と同一視されるようになった。その姿は、「堕ちた天使」のイメージに属していて、まったく異なる起源を持つ形を取った。